仮性包茎は痛い?疑問の解消に役立つ情報のまとめ

包茎には仮性や真性、カントンなどの種類があります。
このなかで一般的に痛いとされるのは、真性やカントン包茎です。
真性包茎は強引に包皮を剥くと痛みを感じますが、仮性包茎は包皮が癒着していないため剥いても痛みはありません。
しかし本当に仮性包茎の男性は、痛いと思わないのか疑問に思う人はいるでしょう。
また仮性包茎の男性が包茎手術を受けたときも、痛いと思わないか疑問を感じるかもしれません。
仮性包茎の痛みについて疑問があるなら、必要な情報を集めることが大切です。
疑問の解消に役立つ情報を得ることで、正しい知識を学べます。

日常生活で感じる仮性包茎の痛み

仮性包茎には、痛みはありません。
真性包茎は包皮が亀頭に癒着しているため、無理に皮を剥こうとすると痛みを感じます。
しかし仮性包茎は、亀頭に包皮は癒着していません。
手でスムーズに包皮を剥いて亀頭を露出できるので、基本的に痛いと感じることはないでしょう。
ですが日常生活の中で、仮性包茎が原因で全く痛みを感じないわけではありません。
たとえば自分で剥いて亀頭を露出させていると、次第に包皮は元の位置に戻っていきます。
その包皮が元に戻っていく途中で、陰毛を巻き込む場合があります。
陰毛を巻き込むと引っ張りながら包皮は元の位置に戻りますから、仮性包茎が原因で痛みを感じるわけです。
他にも一部の男性の間では、仮性包茎で伸びた包皮をズボンのチャックを上げた拍子に挟んでしまう事故も報告されています。
チャックで包皮を挟んだときの痛みは、かなり激しく我慢できるおのではありません。
場合によっては出血する可能性もあり、笑い事ではない痛みです。
このように基本的に包皮を剥いて亀頭を露出させるだけなら痛みはありませんが、日常生活の中では痛いと思う場面が仮性包茎にもあり、それが嫌で包茎手術を受ける男性も多くいます。

仮性包茎の手術で感じる痛み

仮性包茎の手術をクリニックで受けるときは、痛みが気になるかもしれません。
基本的に包茎手術の痛みは、仮性包茎ではほぼ感じません。
なぜなら包茎手術は当然ながら麻酔をするからで、陰茎の感覚を失わせてから処置が行われます。
局所麻酔なので手術中の意識はありますが、それでも痛みは一切感じないので安心して仮性包茎を治療できるでしょう。
もし包茎手術で痛みを感じるなら、それは局所麻酔を使うときです。
局所麻酔はこれも当然ながら注射器を使うので、チクっとした痛みを感じます。
居所麻酔を打つときの痛みは、それほど感じないとされています。
基本的には耐えられる痛みなので、極度に怖がる必要はないでしょう。
しかし痛い思いをしたくない、もしくは痛みがあること自体に恐怖感を覚える男性にとっては不安の種です。
もし局所麻酔の痛みについて不安があるなら、仮性包茎の治療を受けるクリニックに相談するのがおすすめです。
あらかじめ痛みについて相談しておけば、クリニックは配慮しながら包茎手術をしてくれます。
具体的には塗る麻酔薬を使ってから局所麻酔を使ったりしてくれるので、ほぼ痛みを感じずに仮性包茎を治療できるでしょう。

仮性包茎の手術後の生活

仮性包茎の手術中は、麻酔を使うことで痛みは感じません。
しかし手術が終わり麻酔が切れると、患部が次第に痛くなってきます。
手術後の痛みはそれほど激しくありませんが、痛みが苦手な男性には我慢できないかもしれません。
我慢できないほどの痛みを感じたときには、痛み止めを服用してください。
包茎手術をしているクリニックでは、術後の痛みのために痛み止めを処方しています。
我慢できないときに処方された痛み止めを服用すれば、次第に落ち着き消えていくでしょう。
患者さんの苦痛を和らげるためにクリニックは処方しているので、決められている用量や用法を守っている範囲内なら、遠慮なく使って問題ありません。
このように手術後は痛み止めを服用することでコントロールが可能ですから、仮性包茎の手術は身体的な苦痛をほぼ感じずに受けることができます。
このようにして治療する手術を受ければ、日常生活の中で仮性包茎の痛みを感じることはなくなるでしょう。
常に亀頭が露出しているので陰毛を巻き込み引っ張ってしまうことはありませんし、ズボンのチャックに挟んでしまうこともありません。
ふとした拍子に痛い思いをしなくなくなるので、安心できます。

まとめ

一般的に仮性包茎は、痛みを感じないとされています。
確かに包皮を剥くだけなら真性包茎のように痛いとは思いませんが、それでも仮性包茎なりに痛みを感じる場面はいくつもあります。
そうした痛みの原因を包茎手術を受けると解消できるので、安心できる生活を過ごしたいなら検討してみるのもおすすめです。
クリニックの包茎手術で仮性包茎を解消できれば、これからは安心感が高まります。
気になる包茎手術の痛みもほとんど感じない工夫がクリニックではされていますし、術後のアフターフォローも万全なので、仮性包茎の痛みに悩まされているなら検討してください。